お知らせ

infomation

テニススクールについて③-テニスのはじめかた

スクール

テニスのはじめかた

テニスをはじめるのに必要なものは、

①テニスラケット🎾
②テニスシューズ👟
③テニスボール🥎
④テニスコート(テニスをする場所)
⑤プレーの相手👪

の5つです。

テニスラケット・シューズ・ボールは買えば手に入りますが、いざ今からテニスをはじめようとした時に、④テニスコート(テニスをする場所)と⑤プレーの相手はすぐに見つけられない場合が多いかと思います。

 

■公営のテニスコート、民間のテニスコート

一緒にテニスをする相手がいれば、公営のテニスコートを借りるのが一番安価にテニスをする方法です。
民間のテニスコートももちろんテニスをすることは可能ですが、コート使用料が公営コートよりも高くなる傾向があります。
いずれにしても、⑤プレーの相手、そして初心者であればテニスを教えてくれる人が必要になります。

 

■会員制のテニスクラブ

テニスクラブは、会員同士でコートを使用するのでいつでもプレーを楽しむことができます。
また、会員の方とのクラブライフも会員制のテニスクラブの大きな魅力です。
ただし、初心者の方やクラブに顔見知りがいない方がいきなり入会するのは、技術的にも気持ち的にもハードルが高く感じるかもしれません。

 

■会社のテニスコートなど

お勤めの会社に福利厚生施設のテニスコートがあって、テニスサークルや仲間がいれば、気軽にテニスをはじめることができます。
仲間との和気あいあいとした雰囲気の中、初心者の人にはテニス経験者が教えてくれると思います。

 

■テニススクール

テニススクールには、テニスをはじめるのに必要な①~⑤すべてそろっています。
テニスコートを予約する手間もありませんし、なによりプレーの相手を確保する必要がありません。
しかも、そこではプレーの相手はテニスコーチです。
これからテニスをはじめる方には、生涯テニスを楽しめる基本を教えてくれるテニススクールがおすすめです。

 

★余談★「生涯スポーツ」としてのテニス

子どもからご高齢の方まで、幅広い世代で楽しまれていることから、テニスは生涯スポーツと言われています。ボールを打って、走って、考えて、また走って打って。ただ走るだけでなく動きながらの思考が必要となるスポーツのため、認知機能の維持向上にもつながります。
さらに、前後左右のフットワークの動きが必要なことから、自然と骨や筋力も鍛えられ足腰がとても強くなります。

また、サッカー、バトミントン、水泳、ジムなどでの運動を継続している方と比較して、テニスを継続されている方の平均寿命の延伸が、約1.5~6倍の差をつけて9.7年と1位で、最も顕著であったという論文結果もあります。2018年Mayo Clinic Proceedings誌掲載

 

 

📖同カテゴリーの記事はコチラ

テニススクールについて①–はじめに

テニススクールについて②–テニススクールってどんなところ?

 

 

 

Instagramやってます
ほぼ毎日更新中!レッスンの様子以外にもコーチたちの私生活もちょこっとお見せしてます💕

    クラージュInstagram